×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

 方夕・本文サンプル・林々
 「同じ花を見ていた」

 


「……なんでもない」
 方淵は夕鈴から顔を背けた。
「なんでもないという感じじゃないですよ」
「貴女には関係ない」
「関係ないとかじゃなくて」
 なにも恐れることなく夕鈴は方淵に手を伸ばした。
「……っ!」
 伸びてきた手を、咄嗟に方淵は払い除け。
「きゃ」
 それは強すぎたのか、夕鈴は吹き飛ばされるように蹌踉めいた。
 夕鈴が転びそうになるのは、ひどくゆっくりと方淵には見えて、払い除けた手に手を伸ばす。
 その手を掴み引き寄せようとして、勢い余って方淵は逆に向かって蹌踉めいた。夕鈴の手を掴んだままで、後ろにあった長椅子の上にもつれて倒れ込む。
「……っ」
「いった……」
 倒れ込んだ時の形は、ぎりぎり方淵が下敷きになった。長椅子はやわらかくはないので、床に転げたのとぶつけた時の痛みとしては変わりない。脚と腰と背中を打ったような気がして方淵は息を詰まらせた。
 それでも夕鈴は打撲から守れたかと思ったが、しかし妃の痛そうな呻き声も聞こえたので、やっぱりどこかぶつけてしまったのだと思った。
「大丈夫か……?」
「大丈夫……」
 詰まった息を緩めて目を開けた時、方淵の中で時が止まった。
 ほんの一拍遅れて、夕鈴も目を開けた。
 お互いの顔はごく間近にあって、鼻も唇もあとわずかで触れ合う距離だった。今までに経験のない距離で、視線が絡み合う。
 すぐに離せばよかったと、このすぐ後に方淵は深く後悔した。妃の身体を突き飛ばしても、離せばよかったと。
 そうすれば、あのようなことにはならなかった。
「方淵殿?」
 だが腕の中にすっぽりと収まった小さくて柔らかい身体を、方淵は離すことができなかった。その柔らかさの誘惑は、自覚したばかりの想いには強烈すぎたのかもしれない。
 なにもできるわけはなかった。動けぬままに、ただ方淵は夕鈴を見つめていただけだ。
 方淵に敬愛する王を裏切れるはずもない。生涯その想いを認識しないで済んだのならば、不幸を感じることもなかっただろうが……認識してしまったから辛くなっただけのことだ。方淵にとっては耐えるべき苦難が増えただけのこと。
 苦難は、多い。それが一つ増えただけだ。
 知られずに済むように振る舞い、墓場まで持っていくものが増えただけだ。
 様々な理不尽よりも、自分に由来するものな分、きっとましな苦しみだと、その時の方淵には思えた。
 時間が許したなら、きっと何事もない顔で夕鈴を起こし、痛みでぼーっとしていたとでも言い訳して、やり過ごしてしまえただろう。
「方淵殿……?」
 不思議そうに伸びてきた手が、方淵の頬に触れた。
 今度は払い除けなかった。
 そしてそれが仇になった。
「――なにをしている」
 それが主の咎める声であることを、方淵が聞き間違うはずもなかった。
 はっと視線を向ければ、戸口に黎翔が立っている。その怒りは、離れていても伝わった。
「陛下」
 夕鈴が身を起こす。それを止めるようなことは、もちろんありえなかった。
「申し訳ありません、私が転んでしまって」
 夕鈴が方淵の上から降りる。
 方淵も身を起こした。だがもう、手遅れであることも感じ取っていた。
「転んだ?」
 玲瓏なまでに澄んだ黎翔の声音が、室内に響く。その声は美しいとさえ思えるものだったが、絶対的な威圧感と怒りを含んでいた。
「は、はい……転んで……方淵殿を巻き込んで転んでしまって」
 黎翔は戸を閉め、静かに歩み寄ってくる。
 夕鈴の声が不安に揺れていた。黎翔の怒りを察したのだろう。
 方淵は、鈍い、と思った。
 他に誰もいない室内で男と抱き合っていたなんて、密通の現場を押さえられたも同然だ。妃の立場であれば、死罪で当然。黎翔に見られた時点で、それは覚悟するべきことだった。
 だからもっと必死に弁明すべきなのに、そうしないのは、夕鈴にはそのつもりがなかったから……いまだそのことに気がついていないのかもしれない。
 方淵は、ひどくこのものを知らぬ妃が、不憫に思えた。



「桜花」頁へ
目次へ