×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

 黎夕・本文サンプル・林々
「お妃様の保健体育」

 

「なにを熱心に見ておる」
「きゃっ」
 本を見ていた視界に、ぬぅっと張老師の顔が現れて、夕鈴は不意を打たれて飛び上がった。
「び、びっくりするじゃないですか」
「なにを読んどるんじゃ」
「……ここの棚にあった本ですよ。何の本かと思って」
「ほー」
 と、老師も本を覗き込む。
「何の本じゃ?」
「古いお菓子の手順書でした。後宮にこんな本があるなんて……昔のお妃様は自分でお菓子作ったんですか」
「いや」
 即答で否定の言葉が返ってきて、夕鈴は微妙な表情で老師の顔を見返す。
「自分で作る者はおらんかったが、作らせるのに取り寄せたんじゃろ」
「これを作るようにって?」
「後宮は数多の花の競う場所よ」
 老師は意味ありげに、にやにやと笑う。
「競うのは美しさ賢さだけにあらず、腹を如何に美味で満足させるかも重要じゃ」
 そう言われれば、納得はできた。
 要は食べ物で男を釣るということだ。夕鈴自身も、今、争う者はいないまでも同じことを考えている。
 黎翔を喜ばせたい、というのは、そういうことだ。見返りがほしいわけではないけれど、することは同じ。
「じゃあ、他にもいっぱい、こんな本があるんですか」
「見たことないかの?」
「全部の部屋に入ったことがあるわけじゃないので」
「ふむ、書庫があるんじゃがのぅ」
「書庫」
 王宮の書庫には行ったことがあるので、夕鈴はそれを思い浮かべた。
 夕鈴の考えていることがわかったかのように、老師は続けた。
「王宮の書庫ほど大きなものではないが、取り寄せた本を仕舞っておく場所は必要じゃからの。用が済めば人目に触れぬように処分してしまう妃もおったが、こだわらぬ者もおったしのー。ここに残っていたのは、誰かが置き忘れてそのままになったんじゃろ」
 そして後宮から人がいなくなり、本だけが残った……と思えば、かつてはこの部屋も使う者がいたのだ。
 夕鈴はそんなこともちらりと思い、本に改めて視線を落とした。
 そして考える。
 王を喜ばせるために取り寄せられた本の中には、夕鈴が今求めているような『指南書』もあったのではなかろうかと――
「書庫って、どこに」
「興味があるかの?」
 老師が瞳を輝かせて夕鈴の顔を覗き込む。
 なにを求めているのかを悟られたくなくて、夕鈴は顔を背けた。ら、その向けた先には、いつの間にやら浩大がにやにやと笑っていた。慌てて浩大から顔を背けて、結局老師の方に顔を戻す。
「……へ、陛下のお好きなお菓子を作りたいんです」
 嘘じゃない、嘘じゃないと自分に言い聞かせて、夕鈴は努めて冷静に興味のある理由を述べた。
 気持ちの悪いくらいに喜色満面な老師の顔を、夕鈴は真意を悟られないように睨みつけた。
「うむうむ、妃の勤めじゃのー」
「にやにや笑わないでくださいっ。政務で疲れた陛下の喜ぶものを用意したいって変ですか」
「そんなことは言っておらん。じゃが、書庫には怪しい噂があっての」
「怪しい噂?」
「出るんじゃ」
 出る……と言われて、一瞬本当になにが、と夕鈴は首を傾げた。虫だろうか、と、顔を顰める。しかし書庫に虫が出るというのは、別の意味で大問題だろう。
「ついて行っても良いがの、どうする」
「結構です、場所さえ教えていただければ」
 老師について来られたら、捜し物が自由にできない。断固拒否の意思を示すつもりで、夕鈴は首を振った。
「ついて行ってやろうとゆーのに」
「結構ですっ!」



「雪椿」頁へ
目次へ